楽屋花がおしゃれなオススメのお店紹介!間違いないショップはコチラ!

楽屋花がおしゃれなオススメのお店紹介!間違いないショップはコチラ!

お気に入りの俳優さんの舞台や演劇、演奏会。また、ビジネスの世界でもセミナーの講師などに成功をお祈りしてお花をプレゼントをすると相手も喜んでくださるもの。

こうした舞台上に立つ方への応援の意味でお渡しする花を全般的に「楽屋花」と呼んだりしますが、どんなお花をどれくらいの予算でお渡しするのが良いのか迷ってしまいます。

今回は可愛い楽屋花を贈るならここという間違いないお花屋さんを紹介します。また、実は簡単な楽屋花を贈る時に最低限抑えておきたいマナーについてもお伝えしていきます。

可愛くておしゃれな楽屋花のおすすめのお店

「HitoHana」話題のフラワーギフト・スタンド花ショップ

贈り物にするお花はセンスが重要です。これは個人に差し上げる花束だけでなく、楽屋花であってもお祝い用のスタンド花にしても同様です。

昔ながらの胡蝶蘭ももちろん伝統的な風習もあって良いのですが、アーティストの方へ送るのでしたら、単に豪華なものよりも上品で美しさを感じられるものを送りたいですよね。特に楽屋花はこれからステージに上がる本人だけでなく、共演者やスタッフの方々もご覧になる可能性が高いものですので、良い舞台になるようお洒落なものをお渡しておきたいところ。

HitoHana(ひとはな)はテンション紙の使い方やお花の選び方・組み合わせのセンスが抜群です。すぐに対応してくれる速さも相まってリピーター続出という今話題のお店です。


楽屋花のマナー 最低限守るべきこと

楽屋花を贈る際は、開催する会場の都合もしっかりと把握することが大切です。楽屋花は舞台上に上がる方だけでなく、スタッフ・会場・スポンサーの方など様々な方の発表の場でもあるのです。

必ず守らなければいけないことは

会場に事前の連絡を入れること

です。自宅にいきなり大きすぎる花を贈られても困りますよね。会場も同じで送っても良いものかの判断と許可を会場に聞いておきましょう。また、もし大きな舞台の場合には運営スタッフへも一言伝えておくのがベターです。サプライズにしたい場合には本人ではなく、周りの方に聞くことで気遣いのある方と思ってもらえるでしょう。

初心者が押さえておくべき花を出すときの決め方

楽屋花をはじめ、講演会や発表会、演奏会などといった舞台を使う会場へのお花選びのポイントを紹介します。特に初めてお花をプレゼントしようと考えている方はこれさえしっかりと学んでおけば大きな失敗はないというものですので参考にしてください。

まず大切なのは、お花を置いてもらう位置などの用途・目的についてはっきりさせておきましょう。目的によって適したお花のスタイルも変わりますし、予算の目安についても大きく異なります。

とはいえ、目的は大きく分けて4つしかありませんので簡単です。一緒に見ていきましょう。

他のお客さんに見てもらうスタンド花

エントランスに置くお祝いのスタンド花や演台において彩りを加えるためのお花などの花。基本的に演台に置く花は舞台の演出をする方が手配するのが一般的ですので買う機会は無いかもしれませんが、急にお願いされるケースもまれにあるでしょう。

もし他のお客様に会場の演出になるようなお花を贈るときには、アレンジメントや蘭の花などの種類やイメージについて主催者と相談するのが良いでしょう。

相談はできるだけ早い方が良いです。必要な日の一ヶ月前には主催者と連絡をとり、舞台の大きさや選ぶお花の具体的なお話を始める必要があります。

  • 予算の目安:2万円~3万円
  • 形:スタンド花か蘭の花、演台用の場合にはアレンジメントも良い

予算の目安は最低限必要になる金額を示しています。会場が大きい場合にはそれなりにお客様も増えますので、より豪華なものを贈らないといけません。

 

楽屋に届けてもらう場合

演劇や舞台など長期間にわたって公演にお花を贈りたいときには楽屋においてもらうための楽屋花が良いです。出演者個人に対してお花をお送りすることができるので応援者にとっては非常にコミュニケーションや応援のひとつであったりしますね。

そのような場合にはそのまま楽屋に置いてもらえる事を考えて、フラワーアレンジメントや鉢植えを楽屋花として贈るのが良いでしょう。ブリザーブドや蘭の鉢植えは、公演の期間が終わった後も、贈られた人が自宅に持ち帰ってしばらく楽しむことができるのでおすすめです。

こちらもやはり主催者に「○○さんに楽屋用のお花を贈りたい」という旨を伝えておきましょう。個人の場合にはスペースが限られていることがあるので、許可と同時に大きさのイメージについての意見をもらえるかもしれません。

  • 予算の目安:5千円~2万円
  • 形:アレンジメント・フラワーボックス・蘭の鉢植え

 

ステージのイベントで花束を使う場合

舞台上に上がっている方に花束を渡すというイベントがあることがあります。このような花束を準備する場合には後ろの席にも良く見えるような、抱えられる程度で大きい花を準備するのがオススメです。

花の種類も、お渡しする方の好みも考慮してよいですが、できれば小さいお花だけでなく、大輪の花を入れられるとベスト。ステージでの小道具の一つになりますので、このあたりをしっかりと見極めてお渡ししたいところです。

また、会場が暗めの照明であることがわかっている場合やどちらか初めてでわからないときには、明るいトーンの花束にアレンジしてもらったほうが豪華さが出ます。全体に黒っぽくなりますので、日光の元で美しく見える深紅よりもビビッドな赤を選ぶ方が懸命です。

  • 予算の目安:5千円~1万円
  • 形:大きな花束

 

出演者にお花を直接渡したい場合

一般的な演奏会や小さめの会場での発表会の時など、応援している方がステージで主役にはならない場合には、楽屋花をプレゼントするかもしくは直接お疲れ様を伝えるときにお渡しすることになります。そのようなときには、会場に入ったら受付に行ってお花を預けておきましょう。(こちらも事前に会場に連絡です。)

出演者が舞台から降りた後、ステージの幕が下りた後にお渡しすることになります。

出演者が車を使って会場入りしているならばある程度大きいお花を持ち帰ってもらうことができますが、どちらか分からない場合には公共機関を使う可能性もあります。大きいお花は運ぶのに苦労させてしまうので、ブーケタイプの花束にするのが良いでしょう。注意したいのがアレンジメントです。長くお花が持つようにお水を含んだスポンジが入っていますが、これが意外と重たい。軽さも考えて贈ると喜んでもらえます。

  • 予算の目安:3千円~1万円
  • 形:ブーケタイプの花束

楽屋花を贈るならこのお店!センスのいいショップ

お花はしっかりと美しく生けて、相手に喜んでもらってこそ共通で価値があるものとなります。空間の見た目や香りを美しくすることができるので、センスの良くてフレッシュなお花を取り扱いをしてくれるお店との出会いが大切ですね。

今回はセンスと花の鮮度、対応の早さなどを考慮しておすすめの宅配可能なお花屋さんを紹介します。

HitoHana(ひとはな)

HitoHanaは、高品質な花束やアレンジメント、胡蝶蘭を通販専門のお花屋さんです。

何よりもお花を選ぶセンスがよく、非常に安心して任せられます。他のお店も可愛いものもありますが、東京の青山とか麻布なんかにお店があってもおかしくない様な洗練されたお花を届けることができます。

お花の鮮度も生産農園から直送して生けるという方法をとられているので、店舗よりもむしろ鮮度は上です。お祝い事に便利な胡蝶蘭の鉢植えには「世界らん展ブルーリボン賞」や「農林水産大臣賞」を受賞している農家さんから仕入れているというこだわり。お花屋さんとの付き合いがない方には非常にありがたい存在です。

また、インターネットを使ったお花屋さんに慣れていない方には非常にありがたいサービスがあって、それは「どんなお花が贈られたんだろう」と思う方のために贈られたお花の写真を撮影してメール連絡をくれるという「写真撮影サービス」です。もあります。

またセンスの良いラッピングや立て札、メッセージカードのサービスも充実していますし、本州と四国でしたら送料無料なのもすごい。予約は早ければ安心できますが、一週間後や翌日などすぐに送って欲しいときにも届けたい希望の日の前日の12時までに注文すれば、翌日中に届けてもらえます。

 

 

 

楽屋花の基本カテゴリの最新記事